趣味のスポーツ

パーツ

ニュースポーツ

メタボリックシンドロームという言葉も、今や市民権を得た感があります。
耳に慣れすぎて、単純にメタボリックシンドローム=肥満と考えられがちですが、メタボリックシンドロームは糖尿病や高血圧、心臓病といった生活習慣病と深く関わっていることが知られており、放っておくと生命の危機にすらつながりかねません。

予防には適度な運動、食生活の改善が有効です。
肥満の原因として考えられているカロリーの高い食事内容をあらため、日本人が昔から普通に食してきた、いわゆる「日本食」が見直されてきているのも、そういったことのあらわれの一つといえると思います。

そして、適度な運動のために最近よく耳にするのが、「ニュースポーツ」といわれるスポーツです。
ニュースポーツとは言っても、全く新しいスポーツということではなく、今まであったスポーツに改良を加え、アレンジしたものがほとんどですので、馴染みやすいと思います。

競技に参加するために年齢が問われることはそれほどありませんし、運動経験がなくてもできるものばかりです。
高齢者の方はもちろん、何らかの障害をお持ちの方でも楽しめるように工夫されています。
女性やお子さんも交えてできるものもありますので、ご家族と一緒に、おじいちゃんおばあちゃんとお孫さんと一緒に、などなど、皆で一緒に楽しむ事も出来ます。

自治体では、各種のニュースポーツの講座や教室、サークルなどを積極的に取り入れ、開催しているところもあります。

----------------------------------------------------------------------------------
インディアカ
----------------------------------------------------------------------------------

始まりは1930年といわれています。
今では、ニュースポーツとして、たくさんの方に親しまれているものの一つです。

赤い羽根のついた特殊なボール(インディアカボール)を素手で打ち合う、バレーボールに似たゲームです。
ボールは小さくて軽いので片手で簡単に打ち合えます。
この、道具を使わずに素手で打ち合うということがインディアカの特徴の一つです。
ボールについている羽根によって、ボールの滞空時間を長引かせることができ、ボールを狙い通りにまっすぐ飛ばすことが出来ます。

◆競技場所
屋内もしくは屋外のバドミントンと同じコートを使います。
◆必要な用具
・インディアカボール 
  高さ25センチ 重さ50グラム
  (日本で使われているもののほとんどは、インディアカ発祥の地であるドイツ製のものが使われています。)
・ネット 
  高さは、185センチ、200センチ、215センチとあり、年齢や男女別で決められています。
◆競技人数
4人対4人
◆ゲームの内容
・1チームは、前列3人、後列1人の4人で、サービス権を得るごとに1ポジションずつ時計回りにローテーションします。
・インディアカを、3回以内(ネットプレーやブロッキングは打球数に入れません)に相手側のコートに打ち返し、相手側のコートに落すことで得点となります。
・インディアカボールは肘から先の片手で打ち返します。ただし、ネットと超えてきたボールを打ち返すときとブロックをするときは両手が認められます。)
・1セット21点で3セット行い、2セット先取したチームが勝ちとなります。

コツは、手のひらに確実にインディアカボールを当てて、大きく打ち返すことです。

リンク




厚木デリヘル
ページランク ランキング 高級デリヘル
横浜デリヘル
オールドドメイン販売
融資事情
無料 在宅ワーク
町田デリヘル
激安物件 パワーストーンの秘密
海外に住もう 写真 撮り方 南大門広場 北海道 食べ歩き 厚木デリヘル
新宿風俗求人
横浜風俗アルバイト
新橋オナクラ 横浜デリヘル
川崎ソープ
関内 人妻 求人

パーツ
This template made by
素材屋